2011.12.16 Friday
 

黒く重厚な部屋の扉を乱雑に押しやり、響く足音も気にせず窓際まで辿り着く

激しく投げ捨てられた銀色の仮面と、そこから取れ落ちた宝石を拾い上げながら
スヴェンもその後ろに控えた



「Warum es muss so ein Ende nehmen!」
(こんなはずでは無かった!)



カーテンを握りしめ、感情の高ぶるまま母国語で怒鳴る


――――――母の事を… 過去を知っている人物

――――――リュシアンの利用価値

――――――亡霊からの手紙


そして




――――――奪われたシャルロッテ



「Damit ich Sie bewahre; schon…Es gibt nur diese Methode.」
(僕があの子を救うには、もう…この方法しかないというのに)



どんな事があっても、必ず守ると約束した

今は亡き母上との誓いも

脆く、崩れ去ろうとしている





自らその手に堕ちると宣言したシャルロッテ

何故… なんの為に……

お前が選んだ道ならば、それがお前の幸せなのだろうか…





いや……





一度視線を落としてから、後方に控えていたスヴェンを一瞥し
革張りの椅子に深く座る

その視線の意味を瞬時に察したスヴェンは
一度だけ頷き、音も無く部屋を出て行った




まずは調べなければ

あの男の

仮面に隠されていた笑顔の真意を

目的と……、憎悪を




「ロンズデール……ッ」









このゲームで払う代償は大きそうだが

僕は貴方に



「Ich werde ermordet und stelle es nicht auf.」
(殺されてなどやらない)
By マクシミリアン | Time : 00:19 | CM : 0 | TB : 0

CATEGORYS

Name :