2011.12.13 Tuesday


 それは12月の初め

仕事上のお客様を多く呼んでの仮面舞踏会での出来事




まずはシャルロッテ様がいらっしゃらないことに気がついた

はじめは「また……」と、 「いつものこと」と思い、
離れの中で思いつく場所のすべてを探して回った


寝室

バルコニー

クローゼット

納屋まで探した


けれど…


シャルロッテ様はどちらにもいらっしゃらなかった




続いて気がついたのは、ハリーが居ないこと

彼ならシャルロッテ様の居場所を知っているのでは…と思い
彼を探したけれど、彼もまた どの持ち場にもおらず

マックス様にご報告してすぐ屋敷中を駆けたけれど

二人はついに見つからなかった




次に二人の顔を見たのは、すべてが起きた後のこと




シャルロッテ様は、凛とした表情でパーティー会場に現れ

後でスヴェンさんから聞かされたのは驚くべき内容だった



ハリーはといえば……

しばらく経ってから離れのどこかからフラフラと
すこし青い顔で出てきたのだけれど

何を聞いても多くは語ろうとしなかった



そして私も… …いえ、そこからは館中がその件への対応で慌しくなり

ハリーにはもうあまり深く問い詰めてはいけないような気もしたのでやめた




スヴェンさんから聞いた、例の件のお相手…

ロンズデール子爵――

…パーティー会場で呼び止められ、テラスにご案内した彼?




兎角、今回のことは私にはわからないことが多い


それでも、いつものことなら

私にはわからずともマックス様とスヴェンさん、

あのお二人が把握していらっしゃればそれでよかった



それが今までのすべてだった



私はシャルロッテ様のおそばで身の回りのすべてのお世話をし、
お二人がシャルロッテ様の未来をさがす――


そのはずだったのに





初雪がちらつく窓の外をぼんやり眺めるハリーの横顔を見ると
いつもそこに在ったシャルロッテ様の横顔に重なり、また胸が痛む

これは、喪失感?

不安?



「シャルロッテ様……」



窓の外には、今年初めての白い雪が舞い始めていた
By 侍女・ヴェラ | Time : 00:14 | CM : 0 | TB : 0

CATEGORYS

Name :