2010.01.28 Thursday


完成したパーティー用の衣装を持って
再びエグレッタ・サクラへ――

いかがでしょう…
ご希望通りに仕上がっていますでしょうか?

マックス様は、衣装に袖を通し
満足気におっしゃってくださいました。

「想像以上の出来栄えだ。ありがとう。とても気に入ったよ」

それは良かったです。
お客様が喜んでくださる洋服を作ることが
私の何よりの喜びです。

それから…アレク様のドレスはこちらです。
デザインしていて、とても楽しかったですわ。
アレク様にも気に入っていただけるといいのですが…

「パーティーの準備で忙しいだろうに、
 わざわざ届けてくれてありがとう」

パーティーのための手配も、ほぼ終わりましたよ。

先日、スウィーツの試食をしたのですが、
ヌーベル・キュイジーヌにお願いして良かった!と思える
素晴らしいデザートでしたよ。

お客様により一層パーティーを楽しんでいただけるよう
色々と趣向を凝らしてみました。

リリィ・テイラースタッフ一同、
心よりお待ち申し上げております。
By 仕立て屋・リリィ | Time : 22:49 | CM : 0 | TB : 0
2010.01.12 Tuesday


長い長い、森のようなお庭を抜けて
見えてきたのは灰色の空に聳える尖塔。
黒いシルエットのお城…
エグレッタ・サクラ。

ここを訪れるのはとても久し振りのような気がするわ。
最近、所有者はハウエル家のまま
管理する御当主が、御親族のヴェルニエ嬢から
その恋人の男性へかわられたということは聞いていたけれど…

マクシミリアン様―
一体どんな方なのかしら?

バレンタインパーティへの参加のお返事と共に、

―一緒にパーティに参加してくれるパートナーの為に
  ドレスの相談をしたいので、是非一度来てくれないだろうか?―

という、マクシミリアン様たってのご希望…
しかもデザインのご相談とあれば、私が伺わない訳にはいきませんもの。


扉を開けて、出迎えてくれたのは…あら?
見かけないお方ね…
新しい執事さん…?
リュシアン様はどうかなさいましたの?

「リュシアンさんは、このところずっと自室に籠もっておいでです」

まぁ…ご病気?
よろしければあとでお見舞いをさせてください。

それから…マクシミリアン様とご一緒に
パーティーにいらしてくださる方はどちらに…?

「あんたがリリィでしかっ!?あちしのドレスを作ってくれるっていう…」

…ええ。
私がリリィ・オーガスタ・テイラーです。
初めまして。
貴女がマクシミリアン様の…

「そうでしっ。エグレッタ・サクラで代々庭師をつとめる
 アレクサンドリーネ・ヴィクトワール・ジルベルスタイン・ザ・サードでし!
 アレクって呼んでくれていいでしよっ。
 マックス様があちしの為にドレスを作ってくれるっていうんでし!
 一緒にパーティに行けるだけで最高に嬉しいのに…
 ホントにマックス様は素敵な方でしよっっ!!」

…こんなにも個性的な方のドレスのデザインをするのは
初めてかもしれませんわ…

私の腕の見せ所ねっ。
 
 
By 仕立て屋・リリィ | Time : 22:22 | CM : 0 | TB : 0

CATEGORYS

Name :