2010.03.20 Saturday


動き出した・・か


全てはその子が鍵を握っているのだろうか?

代々仕えてきた使用人が去ってしまった今・・
あの館で君を諌められる者はいない

忠実であまりにも有能すぎる彼の配下・・
あの従僕は?

事は滞りなく進んでいるのか?


感じていた疑問

君達には謎が多すぎたこと

感じる胸騒ぎ

拭えぬ限りは監視の目を解くわけにはいかない

「マックス・・今、何を考えている?」



良い報せを望みたいものだが



先日チャールズから報せがあったレオナルドとミシェルの悲恋

ルドロウの次期当主に選んだのは末のサディアスだという

わんぱくなあの子はいくつになったか?
本人はどう思っているか・・覚悟を決めなくてはいけない時がきたようだ

それと今回の事で最愛の姉を守るパピヨンの騎士はどうするのかな?


皆まだ若い

若い者には試練を乗り越えていくために常に希望を持って生きてもらいたいものだ

その行く先には必ず幸福があらんことを・・・



それが

願わくば

マックス

君にも




By ガスパール | Time : 05:01 | CM : 0 | TB : 0
2009.10.27 Tuesday



マルグリートの縁談の話が進むにつれ
我がヴェルニエ家はこれからより忙しくなってゆくだろう。

あとは・・結婚式か・・


エグレッタ・サクラを後に 我が家に戻ってから数日。

妻のイザベルにエグレッタ・サクラで過ごした数ヶ月の日々を話して聞かせた。



屋敷の当主としての娘のこと


懐かしい学園時代の後輩が訪ねて来てくれたこと


カミーユとヘイリーという使用人同士の結婚式のこと


屋敷の様子


ユーンの息子 トマのこと



それから・・・




思い起こせばエグレッタ・サクラを去るあの日の朝

新しい当主となり見送りの挨拶にきてくれたマックスの表情

気丈に振舞っているようにもみえたが

最後に何かを決意したかのような、あの顔が忘れられない


分かり合うことはできなかった

私は親としてマルグリートの意思と

彼女を守ることを優先させてもらった


エグレッタ・サクラは君に託そう

あとは君達が思うがままに







「失礼いたします」

執事がドアをノックし 客人が到着したことを告げる

マルグリートが婚約者を連れて帰ってきたのだ

ミネットとコゼットを呼んで来てくれ
彼女達にはすぐに紹介したい




さて行こうかイザベル、私達の娘が選んだ男だ
気持ち良く出迎えようではないか














By ガスパール | Time : 22:42 | CM : 0 | TB : 0
2009.10.04 Sunday


迫りつつある式の準備に使用人たちが慌しくなってきた。

結婚式という華やかな儀式がこのエグレッタ・サクラに与える影響は大きい。

厳粛でどこか重苦しかった屋敷に
光が差し込むような優しい空気。

私としては、この方が居心地がいいのだが・・
そうは思わぬ者もいる。

この穏やかに流れる空気は
なにか思惑をはらむもの達に影響を与えてくれるのか


それとも・・


・・・いや 私が口を出す事ではない





それならば・・・





トマからその日一日の報告を聞き・・引き続きの監視を命じる。

しかしトマはよく思い通りに動いてくれる。
さすがはユーンの・・

いや

彼自身、素晴らしい能力をもっている


彼の報告にあるように
やはりスヴェンか・・

スヴェン・・
彼のあの行動は・・

彼は相当に頭がキレる。


トマ、君のことだ
何も心配はないと思うが


くれぐれも・・・・

By ガスパール | Time : 17:13 | CM : 0 | TB : 0
2009.09.09 Wednesday


ヘイリーに父親役を頼まれた。
彼女のウェディングドレス姿もまた、さぞや美しいことだろう。

結婚式…

それは女性にとって晴れの舞台であり、正にその時の主役といったところ。 様々に工夫を凝らしたウェディングドレスを身にまとい、祝福の中、表舞台に立つ。


娘は…
マルグリートなら、どんな衣装で舞台に臨む?

いずれは嫁いでいってしまうであろう実の娘の事を思ったら目頭が熱くなる。



いかんな…最近の私ときたら感傷に浸ることが多い。


しかし、いずれくるその時の覚悟は必要であろう。
By ガスパール | Time : 14:26 | CM : 0 | TB : 0
2009.08.29 Saturday


――うん、そうか…


わかった。

ありがとう。

君に来てもらって良かった。

この屋敷に来てまだ日は浅いとはいえ
思っていた通りだ。
君なら大丈夫そうだね。

君は私の大事な友人の息子だ。
私のたっての願いを引き受けてくれたことに礼を言う。




さぁ、そろそろ仕事に戻った方がいい。
今夜、私はマルグリートと出掛けてくる。

留守の間、任せるよ。
今後ともよろしく頼むよ…トマ。


あぁ…それで戻るついでにリシュアンを呼んで来てくれないか。
そろそろ出掛ける準備がしたいと。




娘と2人で出掛けるのも久しぶりだな。積もる話が沢山ある。

そう沢山…



By ガスパール | Time : 15:53 | CM : 0 | TB : 0
2009.08.11 Tuesday


先日マルグリートから、カミーユとヘイリーが婚約したことを聞いた。

それは喜ばしいことじゃないか!

皆でお祝いする予定とのこと。
ぜひ私からもお祝いの言葉を述べさせていただきたい。

これからの2人の幸せを心から願うよ。
愛し合った公認の仲がいると館の雰囲気も明るくなる。


そういえば‥アルマンがここを訪れた際に言っていた
レオナルドとミシェルのことといい、おめでたい事は続くものだ。


きっと彼らの縁談もまとまった頃だろう。



ああ、ニコラ!
すまないが‥マルグリートの今後の予定を知りたいのだが、
確認して来てくれないか。

先ほどリシュアンにも頼んでおいたのだけれどね‥。



そろそろ、あの話をしてみるか‥。

私がこのエグレッタの館に来た理由の一つ‥。

彼女の交友関係もある程度はわかった。
前にとても気になる方がいるのだと嬉しそうに話していたが‥
それも含めて今度じっくり話をする機会がほしいな。
By ガスパール | Time : 10:52 | CM : 0 | TB : 0
2009.07.22 Wednesday


長旅での疲れはとれたかい?
久しぶりだねアルマン。
会いに来てくれて嬉しいよ。


その物腰から、今はやわらかな雰囲気をまとった‥友とも呼べる、かつての後輩との再会。

チャールズが持たせてくれたという極上のダージリンをカップに注ぎアルマンとの久しぶりのティータイムを楽しむ。


フフ‥よく覚えてくれているなぁ‥私の好みを‥


チャールズをはじめルドロウ・キャッスルの人々は元気だったかい?



ハハハ!そうか、相変わらずのようだな。

積もる話は沢山あった。
談笑も交え語り合った。

その中でアルマンが真剣な顔で私に話してくれた事。



そうか‥レオナルドとミシェルが‥


自然である本来の道。


大丈夫!君の判断は正しいと思うよ。

君はあの誓いを純粋に守り

君の中で芽生えた親心とも言えるものが自然に答えを導き出した。
きっとロバートも祝福してくるさ。

チャールズもそれが分かっているから反対はしなかったのだろう。

レオナルドとミシェル、2人の想いが本物ならば何も心配はいらないよ。



本物の愛



愛娘であるマルグリートにも見つかるといいのだが‥

親である私が言うのもなんだが彼女は賢い。

娘が選んだ男なら私は信じたい。
ただ‥娘の幸せを願うだけだ。

そういえば、恋人だと紹介してくれたマクシミリアンと言ったか‥。

何だろうか‥
彼はどこか…




先輩?



あぁ、すまないアルマン。

そうだ!娘のマルグリートには先日会ったね。
改めて紹介させてくれないか?

ハハ、親バカだと笑わないでくれよアルマン。

By ガスパール | Time : 10:04 | CM : 0 | TB : 0

CATEGORYS

Name :