2008.04.10 Thursday


先日のルドロウでのバースディパーティはとても楽しかったのでしょう、
マリアンヌが私の元にやってきてはパーティの話をします。

愛くるしい微笑を浮かべ、パーティのことを思い出している
我が妹はまるで天使のように愛らしい。


正直、姪のルイーザの事は何も関心もなく…


ただ、マリアンヌがその時を楽しく過ごせたというのであれば
私がルドロウへ行くよりもマリアンヌにお祝いに行かせたのは
正解だったのでしょう。


マリアンヌがとても楽しそうにパーティの話をするものだから
私らしからず、つい頷いて…

可愛い妹のお願いなら何でも聞いてしまうのでしょうね。


「ねぇ、お姉様。私もパーティを開いてお友達をお呼びしたいわ」


キラキラと輝いた瞳でおねだりをされてしまえば流石の私も…




来月、マリアンヌのお披露目のパーティを開く事に。
せっかくなので、マリアンヌの婚約者にも招待状を出す事に決めました。


あの子は一体どんな顔をする事でしょう。



By ミシュリーヌ | Time : 22:12 | CM : 0 | TB : 0
2008.03.13 Thursday


本日、妹のマリアンヌから手紙が届きました。



そう、あれは、16年前―

父があの卑しい女を我が家に連れて来た時は
閉口したものですが

間もなくして、あの女の命と引き換えに、
この世に生を受けたあの子は
あの女の血を受け継いでいるとは思えないほど
愛らしく、どこまでも清らかな天使でした。


いつ何時も私の傍を離れず
お姉さま、お姉さま…と
私を追う姿は今でもはっきりと蘇ります。


私が結婚して館を去ることが決まった日は
その大きな瞳から、大粒の涙をとめどなく流し
行かないで…とすがってくれたあの子。


先日、父が高齢のためこの世を去り
一人ぼっちになってしまったマリアンヌを
この館に呼び寄せることに何の迷いもありませんでした。


また、あの子と一緒に暮らせるかと思うと
自然と顔がほころぶのです。


週末にはこちらに向かうと書いてあったので
早速、準備をさせましょう。


私の天使はどんな素敵なレディに成長しているのかしら
By ミシュリーヌ | Time : 15:39 | CM : 0 | TB : 0
2007.12.01 Saturday
洋館001

薔薇園が趣を新たに生まれ変わりました。

悪戯な姪が荒らして帰ったときはどうなるかと思ったのですが
カミーユが、手配した庭師と共によくやってくれた様子。

以前の薔薇園のことはとても気に入っていたのですが
この生まれ変わった薔薇園も気に入りました。

私はあまり積極的に生活に変化を求めたりすることは無いものだから
姪の悪戯はある意味よい変化をもたらしたと言えるのかしら?

壊れてしまったり変わってしまったことを嘆くこと無く
新たな姿へと変える手立てを見つけることができるのは素晴らしいこと。
少しその姿勢を見習わなくては…ね…

不変のものなんて存在しないのに現状にしがみつきたくなるのは
酷く愚かで酷く不幸だと考えさせられましたわ…

ふふ…
丁度クリスマス・パーティーの招待状も届いたことですし
普段だったら断ってしまうけれど、悪戯な姪に悪戯のお礼を言うついでに
たまには出掛けて行こうかしら。

勿論、花を散らした事に関してはきっちりお説教はしますわ。

結果がどうであれ、きっかけは決して褒められたものでは無かったのですから…
By ミシュリーヌ | Time : 01:03 | CM : 0 | TB : 0

CATEGORYS

Name :